--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03.12 家庭の事情
嫁と姑の問題は、世界共通なんだって友達が言っていました。
「ふ~ん」と聞いていましたが、ステイ先でも起こる問題になるとは思ってもいませんでした。

ホストマザーの息子さんのお嫁さんであるAさんは ヤップの離島であるユリシィからお嫁にきています。
そのAさんが、義理のお母さんであるGさんに追い出されてしまいました(語弊があったらすみません)

離婚です。

5日前にユリシィ行きの船が出港し、その日からAさんは家からいなくなりました。
私はAさんが里帰りしたのだと思っていました。

ユリシィ行きの船が出ると、いつも実家にインスタントラーメンなどの荷物を送っていたAさん。
「里帰りしたい」が口癖だったAさん。
やっと許してもらえて、晴れて里帰りしたものだとばかり思っていました。
Aさんが荷物を送る準備をしていたのは知っていたし、
Aさんがいなくなる朝に「今日は船に荷物を届けに行ってくる」と言っていたので、まさかこんな事になっているなんて・・・

今日、ホストマザーのGさんから「Aさんは二度と戻ってこないよ」と真相を聞きました。

詳しくは書けませんが、子どもたちのことで意見の食い違いがあったようです。


Aさんの子どもはまだ3歳・4歳・9歳です。
そのうち9歳のK君は、Aさんの実の子どもではなく旦那さんの連れ子です。
つまりK君は9年の人生のうちで2回も母親がいなくなる経験をしたことになります。

3歳と4歳の子ども達がどれだけ理解できているかわかりません。
お母さんがいない寂しさが日に日に増しているのは事実で、夜眠るときに「カヨ、カヨ」と言って抱きついてきます。
夜泣きも始まりました。


ホストマザーの孫を思う気持ちは分かります。
でも、年齢的にもとても孫を全面的に見れるとは思えません。

そして、旦那さんはなぜAさんを守ってあげられなかったのか。
Aさんを迎えにいかなくていいのか。
私は疑問です。

Aさんがいなくなって、まだ4日だけど、すでに家の家事や育児は回っていません。
子どもを思うなら、子ども達にははやりAさんが必要だと思います。

私はステイをさせてもらっている身なので、家庭のこと・教育のこと に意見をするつもりはないです。
でも今回は納得できなかった。

60歳のGさんと息子さんで、本当に3人の子どもを見ていけるのか。


こんなにも簡単に家族だった人が出ていく。たった一日の喧嘩で。

Aさんに会いたいです。
ありがとうのあいさつ、私が日本に帰国するときにはAさんに言いたい。


 アンビィ 2
【Aさんと子ども達と】


 アンビィ 1
【Aさんと末っ子のPちゃん:PちゃんはいつもAさんの側から離れませんでした】


Secret

TrackBackURL
→http://micronesia20110621.blog.fc2.com/tb.php/52-18693793
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。