FC2ブログ
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステイ先のK君(9歳)の、グアム?にいるおじさんからクリスマスプレゼントとして自転車が届きました。
もう2か月くらい前のことですが。

自転車が届いた当日のK君の喜び方はすごかったです。

自転車1
【写真:クリスマスプレゼントの自転車】

妹や私には絶対に触らせてくれなくて、ちょっとでも触れようものなら棒で叩かれる勢いでした。

でも、K君は自転車に乗れませんでした。

私のステイ先の前は、坂になっていている上に砂利道で自転車の練習には適しません。
そこで、近くのパラオアンハウスやコミュニティーセンターに自転車の練習に通いました。

自転車 2
【写真:休憩中も自転車から手を離さないK君」


練習場所まで行くには、交通量の多い道路を通ります。
一応「道路では自転車を引く」と約束をしているのですが、道路に出た途端に自転車に乗って走ってしまいます。
フラフラしてて、今にも倒れそうだし、道路の真ん中を走るし。


今日は、本当に車にひかれそうだったので、思いっきり怒鳴りました。
そして、その場で家に引き返しました。

ふてくされるK君は、私とまったく口を聞いてくれませんでした。

最近は、かなり上手になったのでスピードを出したい気持ちも分かります。

でも、ヤップでは舗装されているメイン道路は限られているので車の通行も多いです。
さらに信号機はヤップ島で一つもありません。

自分で気を付けるしかないのです。

交通ルールを守ってこその自転車遊びですよね。
私はK君にとってお姉さんのような存在なので、いろいろと口うるさく言われるのは嫌だったかもしれません。

道の途中で乗り捨てたK君の自転車を家まで引いていると
もうちょっと優しく言えばよかったかなと思いましたが、いや安全第一!!

自転車3


明日また一緒に自転車で散歩に行こう。
K君が危ないときには助けられるように、私が必死で走って追いかけるよ。

Secret

TrackBackURL
→http://micronesia20110621.blog.fc2.com/tb.php/48-96d4c61c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。