--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.26 ホタル
ステイ先にホタルが一匹、迷い込んできました。

本当に時々ですが、我が家にホタルがやってきます。

子どもたちは大騒ぎでホウキを振り回してホタル退治が始まります。
K君(8歳)がTちゃん(3歳)に「ホタルが噛みつくかもしれないから触っちゃダメだよ」って言っているのを聞いて、思わず笑ってしまいました。

私の感覚だとホタルはめずらしくむしろ大切に扱う種類の昆虫なのですが、我が家に迷い込んだホタルにとては災難です。

  ホタル1


  ホタル2


日本ではホタルは初夏の虫ですが、ヤップのホタルに季節があるかどうかは分かりません。
家族に聞いても、「一年中いるんじゃない??」といった曖昧な返事でした。

ヤップにまだ電気がなかった頃、ホタルは夜道を歩くときのライト代わりに使っていたそうです。
パパイヤの茎は中が空洞になっていて、その空洞にホタルを入れてライトにするそうですよ。

日本のホタルよりも大きなヤップのホタルは、光も日本のものより強いような気がします。


日本ではなかなか見られなくなってしまったホタルですが
ヤップではいつまでも「普通に」見られる環境であってほしいと思います。

子どもたちがホウキで家から追い出すくらい、「当たり前にありふれた虫」であってほしいです。
 

Secret

TrackBackURL
→http://micronesia20110621.blog.fc2.com/tb.php/32-a84b29b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。