--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、ヤップの離島に行ったときにブレッドフルーツを土に埋めて発酵させて作る保存食、マールを作っていました。

まる4
【土の中にマールを埋めている様子】

私はマールを味見したくてたまらなかったのですが、発酵して出来上がるまで離島にいるわけにもいかずに食べるチャンスがありませんでした。

もうマールを食べることなく帰国するのかな?と残念に思っていたところ、チャンス到来です!

ホストファミリーの離島出身のお嫁さん、Aさんのお母さんのこれまたAさんが先週の金曜に船でヤップ本島に来ました。
お土産に?Aさんはマールを持ってきてくれました。


マールの匂いは強烈です。匂いを嗅いだだけで、マールが発酵食品であることが分かります。
漬物の粕漬けに少し似た匂いがします。

私はマールをそのまま食べると思っていましたが、
Aさんは「そんな食べ方をしたらお腹を壊すよ。」と一蹴しました。

Aさん(お嫁さんのほうです)マールで作ってくれた、チマキのようなおもち風の料理を紹介します。

<マールで作る、もっちり食感のちまき>
①マールを水でもどす。
 
マールはそのままでは匂いもきつく、味もきついため、普通は水でもどしてから使うそうです。
真水があれば真水でもどし、難しいなら海で海水につけてもいいそうです。

写真はバケツに水をはってマールをもどしてる様子です。

マールの食べ方
【マールを水でもどしている様子】

これを掬い取って、絞り出してマールのだけ再び取り出します。
まるで泥水のようですが、ブレッドフルーツです。食べ物ですよ。

マールの食べ方
【水でもどしたマールです。マールの実はバラバラに細かくなっており水に溶けています。】

上の写真のような状態から、水分を抜くために絞ります。


マールの食べ方
【粘土をこねているみたいですが、水分を絞り出しています】

②こねる

水分を抜いたマールをこねます。
絞ったばかりのマールは、ボロボロしています。

マールの食べ方
【水分を絞った直後のマールです】

これをこねて、まとまりにします。

マールの食べ方


マールの食べ方
【ボロボロ状態のマールをこねてまとめます】

③ マールに味付けをします。
  砂糖を加えて甘みを足します。

マールの食べ方
【マールに砂糖を加えます】

そしてお決まりのココナッツミルクも投入します。
ヤップ料理は本当にココナツミルクをたくさん使います。

ココナツミルクで煮れば、何でもおいしくなる という感覚です。

マールの食べ方
【右に見える白いものは、ココナツの実の白い部分を削ったものです。これを絞ってココナツミルクを作ります】

④葉っぱに詰めて、お湯で煮ます

味をつけたマールを煮ると、もっちり食感になります。

蒸したり、煮たりするときには、たいてい葉っぱにくるみます。

マールの食べ方


マールの食べ方
【葉っぱにくるみます。意外に難しいですよ】

葉っぱにくるみ終わったら、ココナツの芯の部分をさいた紐で結びます。

マールの食べ方
【今回は私が結ぶ担当をしました。なかなか上手でしょ?】

⑤お湯で煮おわったら、完成です。

マールの食べ方
【煮た状態のチマキ?です】

中はこのような感じです。
食感がモチモチしていて美味しいです。

マールの食べ方
【マールで作ったチマキです】

同じような作り方で、バナナのチマキやタピオカのチマキも作ります。
どれもコンスターチが含まれているからか、モチモチして私は大好きです。



Secret

TrackBackURL
→http://micronesia20110621.blog.fc2.com/tb.php/135-b3094122
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。