--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.07 トトロとネコバス
日本の友人から「となりのトトロ」のDVD(しかも英語版)が届きました。

日本で待っていてくれる友達の存在がどれだけ大きいか。
日本を離れてみて、「友達っていいな」と心底思いました。

ステイ先の子ども達と見たのですが、トトロは小さくて白いのも、中くらいのも、トトロも全員大人気。
そしてネコバスに異常な興味を示しています。

私のノートパソコンでDVDを見るのですが、最初はおとなしく座って見ていたのに夢中になるあまり、最後は総立ちで見ていました。

ジブリ映画では
〇もののけ姫
〇風の谷のナウシカ
〇魔女の宅急便
〇となりのトトロ
を見ました。

この中でステイ先の子どもたちの人気ランキングは
1 となりのトトロ
2 風の谷のナウシカ
3 魔女の宅急便
4 もののけ姫
の順番です。この結果にはきちんと理由があります。

映画に出てくるキャラクターの好きな順なのです。
「となりのトトロ」ではトトロとネコバス、「風の谷のナウシカ」ではオーム、「魔女の宅急便」ではジジが好きなのです。

そういえば、保育園児に不動の人気を誇るアンパンマンだってアンパンマンのストーリーが好きなこともあるのでしょうが、アンパンマンそのもののキャラクターが好きなんですよね。

子ども達はキャラクターに目が向きますが、大人のわたしはストーリーや細かな演出に目が向きます。
主人公たちとトトロの交流に泣きそうになることもあります。
セリフの一つ一つが胸に染みることがあります。


トトロ2
【K君のトトロを見つめる優しい眼差しを見てください。】

トトロ1
【ステイ先の子ども達はトトロに釘付けです】


日本のジブリ映画をヤップの子ども達と見ていて、
良いものは世界中の誰にとっても良いものなんだとつくづく思います。

価値観や感覚の違いを超えた何かがあるのでしょうね。

または、
住んでいる場所が違えど同じ人間。もしかしたら価値観もそんなに変わらないのかもしれません。




Secret

TrackBackURL
→http://micronesia20110621.blog.fc2.com/tb.php/120-de244eec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。