--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.27 シャコ貝
温かい海に生息しているシャコ貝。
シャコ貝は人魚姫がよく乗っているあの扇型の2枚貝です。
2枚貝のなかで最大の大きさに育つオオジャコ貝もシャコ貝の仲間です。オオジャコ貝は重さが200キロ以上になることもあるそうです。

このシャコ貝は海の中では上を向いて貝殻を少し開いた状態で見かけます。
貝が口を開けている部分から貝の身が見えるのですが、これが光沢のある青い色をしています。

シャコガイ4
【海の底で口を開けているシャコ貝】

青色がとても映えるので海の中であっても目立ちます。
シャコ貝は海底の砂地にごろりといるか、サンゴの間に埋もれています。

シュノーケリングでも十分に潜れる3メートル以内の浅瀬にもいます。

シャコガイ3
【海底にごろりといるシャコ貝】


ステイ先のK君と散歩をしていてシャコ貝の養殖場を発見しました。
私は止めたのですが(一応)、勝手にフェンスを乗り越えてシャコ貝用のプールの観察を始めたK君。

シャコガイ1
【シャコ貝が育っているプールです】

海の中でシャコ貝を見ると貝の身の部分の青が目を引きとても神秘的です。
でも陸の上で見たものは、茶色であまりキレイではなかったです。
ちょっと残念でした。

シャコガイ2
【貝の身の部分が青くないです。どうしてなのでしょう?種類が違うのでしょうか】


海の中でシャコ貝に出会っても不用意に触ると貝殻を閉じます。
指を挟まれるかもしれないので、じっと見るのがベストです。


ヤップではよく刺身にして食べます。
味はうーん、貝の味です。
シャコガイ6
【シャコ貝の刺身です】


ちなみにヤップの海は私有地です。
勝手に海に入って、海のものを取ってはいけません。
海も海の恵みも持ち主がいます。

そしてもちろん、ダイビングやシュノーケリングで遊んでいて海の生物を持ち帰るのもマナー違反ですよね。

天然の水族館で目の前に現れる海の仲間と隔てるものがない空間で戯れる。
海の遊びの楽しみです。

Secret

TrackBackURL
→http://micronesia20110621.blog.fc2.com/tb.php/113-860498ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。