--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤップにはたくさんのローカルフードがあり、タロイモとかバナナとか種類が豊富です。

ヤップのお店に並ぶ食べ物で「とっても珍しい色」の食べ物を発見すると、こういう種類のものかと思ってしまうのですが、
あまりに人工的な色のものは自然のものではなく、着色料で色を付けてある場合がほとんどです。

例えばこれ。

着色料

上の写真はおにぎりですが、一見すると新種の米で作ったと錯覚してしまいます。

でも青の着色料なのですよ。

ちょっとびっくりな色ですが、キレイでしょ?
味は普通のお米と同じです。


下の写真はタピオカですが、これもオレンジ色でキレイですよね。
着色料

タピオカの元の色は薄い黄色です。
同じ黄色系なので、ますますそういう種類のタピオカだと思うのですがこれも着色料です。

私の主観だとヤップの人は食べ物に色を付けることが好きだと思います。
ケーキのトッピングに使うクリームなんて、紫や黄緑、赤にピンクとそれはそれはカラフルです。

日本の流れはナチュラル志向でしょうから抵抗があるかもしれませんが、色味を添えたと思えばけっこう楽しく食べられますよ。

ちなみによく日本の寿司だと言われるのが、下の写真のスパムおにぎりです。

着色料


スパムは寿司ではない!と伝えるのですが難しいですね。
ヤップの人に酢飯を作ったところ、大不評でした。
だから寿司太郎で作ったちらし寿司も大不評でした。

ヤップで寿司を作るときは、私はハナから普通のごはんでスパムはシーチキンをメインに作ります。
これはけっこう好評です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。