--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンゴーというと、黄色く熟れていて高級フルーツのイメージです。

南の島、ヤップでは4月はマンゴーの季節です。
マンゴーはリンゴやミカンのように木に実ります。

  マンゴー 4
【写真:マンゴーの木です。今年は豊作でたわわに実ってます】

たくさん実っているマンゴーを黄色く熟れるまで待って食べよう と考えるのは日本人的考え方。
ヤップの人は、まだ熟す前の青いマンゴーを食べるのが好きです。

初めて食べたときは衝撃的でした。
渋くて、苦くて、とても食べられたものじゃないです。
あまりのまずさに、こっそり机の上においてバナナのように熟れるまで待ったことが何度もあります。

でも一度、木から採ってしまうと自然に熟すのは難しく、すべて青いまま腐ってしまいました。

  マンゴー 2
【写真:ヤップでよく見かけるローカルマンゴー】

 マンゴー 3
【写真:青マンゴーの中身】

ヤップの人は、この青マンゴーに塩や醤油、あとはインスタントラーメンのスープの素を付けて食べます。

悪さがしたい年頃の私の生徒たちは、授業中にもマンゴーを堂々と食べています。
怒る気力もなくなる瞬間です・・・



  マンゴー 1

【写真:生徒が手に持っているのが皮をむいた青マンゴーです】

ちなみに、この男子生徒は休み時間にマンゴーを食べていましたよ。

私は熟れたマンゴーのほうが良いので、ヤップの人が取り残したマンゴーが熟れるのをじっと待つことにします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。