--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03.30 日本製品は自慢です
同じ任地の隊員がくれた凧をステイ先のK君にプレゼントしました。

大喜びで、雨が降っていても、強風でも凧揚げに出かけようと誘います。
K君を観察していて、面白い凧の活用方法に気が付きました。

*カッコいい凧を持っている自分って、カッコいいでしょ?! アピール
近所の友達が家の前を通りかかった時のこと、急に走り出して部屋に凧を取りに行ったK君。これ見よがしに、友達の前で凧をあげ始めました。
「いいな、凧」って友達から言われるたびに、得意げなK君でした。


*日本製のめずらしい凧を引き合いに出して、遊んでもらおう アピール
雨で私がなかなか凧揚げにつきあってあげられない日が続いた時のこと。
起こってしまったK君が「もう凧を捨てる。いつまでも使えないからもう壊す」と言ってきました。
「捨てたら、もう代わりの凧はないからね」と伝えたのですが、K君の本心は「捨てないで一緒に遊びに行こう」と私に言ってもらいたかったんでしょうね。

  カイト2


 カイト1





妹のTちゃんが買い物袋を切り開いて、凧のようなものを作っていたのには驚きました。
「欲しい」って思えば、思わぬ力も発揮できてしまうのですね!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。