--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.29 再開します
再開します。

このブログでは、ヤップの日常生活をお伝えしたいと思って書いているので、私の内面の気持ちはあまり書かないつもりです。
ヤップの良いところをたくさん知ってほしいから、私の浮き沈みに影響されないようにしているつもりです。
でも、今回は大きな出来事だったから、自分のためにまとめます。

ブログを休憩している間、私は首都であるポンペイ島に行っていました。
協力隊員が集まる総会に参加するためです。

ポンペイへ出発する前からポンペイ滞在中にかけて本当にいろいろあったわけですが、うまく言葉にできません。


協力隊に参加する動機の一つに
・苦労したい そして もっと大きく成長したい
という願望がある人が多いと思います。

その上私は、技術移転を掲げる協力隊に参加しながらも
途上国の人の役に立ちたい < 途上国で生活することで私が!成長したい
という気持ちが大きくて参加しました。

それなのに
いざ本当に困難にぶち当たると、たった一度の失敗がこの世の終わりかのように心に突き刺さります。
ピンチをチャンスに変えるだけの意欲も勇気ない。
失敗や困難は望んでいたはずなのに。
自分の弱点を知って、改善するためなのに。
実際は自分の悪い部分を受け入れることすらできない。


自分の悪いところに向き合おうとすると、胃を握りつぶされたような痛みがします。
ナイフで切られたような 一瞬のスパっとした痛みではなくて
殴られたような、後から響く痛み。

協力隊に参加するだけでは、劇的な内面の成長は無いと思います。
ただ「行ってきました」では、あまり変わらないのかもしれません。

日本にいたら体験できない種類の困難に、どう向き合うか。
その向き合い方で成長率もちがうんだろうなって思います。


話が飛びますが、
私は漫画はほとんど読みません。
でも漫画にも例外があって、スラムダンクは昔から愛しています。
特に三井が好きです。
一度はバスケから離れた三井が「バスケがやりたいです」と戻ってきてからの葛藤、活躍を思うと、感慨深いものがあります。

きっと私は三井にあこがれているんだと思います。
人生の「大失敗」を、きちんと乗り越えた三井がうらやましいんだと思います。
むしろ、「大失敗」があったからこその成長に嫉妬しているんだと思います。

もう完全に意味不明なことを書いていますが、
ヤップに戻り、いつも通り学校に通い、すべてが通常に戻りました。

今、Struggle って単語がぴったり当てはまるような気がします。


次からは
ヤップの生活をお届けする内容に戻します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。