--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.28 教材 Heart to Heart
コロニアミドルは、おおよそ日本で言う中学校にあたります。

思春期の真っただ中にいる中学生と直球勝負をするのは、高校野球のようにドラマチックです。

授業態度はお世辞にも良いと言えない彼らを
どうやって私の授業に振り向かせるかは、私にとって今一番ホットな話題です。

ある時はほめちぎり、ある時は怒鳴り、ある時は訴えかけ、ある時は冗談で笑いに変えて、
あの手この手でやっています。

ある日、授業で使っているある生徒のワークシートを生徒全員の前で褒めたことがありました。
「板書したことはもちろん、私の説明もメモしてあって、最高にすごいワークシートだよ」

それがよっぽど衝撃的だったのか、次の日から数人の生徒のワークシートが明らかに変わりました。

 はーと5
これが褒める前のものです。

  ハート1
こちらは、褒めた次の日のものです。同じ生徒のものだとは思えないですよね?

どんなに一生懸命学習しても、次の日にはキレイさっぱり忘れている驚異的な記憶力の持ち主である私の生徒のために、大事な内容はしつこいくらいに復習をしています。
だから、同じ内容を書く課題だったのですが、生徒が書いている内容の質がまったく違いますよね。

また、私の8年生も7年生も一クラスに40人以上の生徒がいます。
なかなかみんなの前で「分からない」と質問できない生徒のために、
「ワークシートに質問を書いてくれたら、返事を書くか、私が休み時間に説明にいくよ。SOSは大歓迎」と日頃から伝えていたところ
まるでワークシートを通して文通をしているかのような、やりとりをしている生徒も出てきました。

はーと


はーと8

返事のメモやコメントを書き続けた結果、ワークシートに一生懸命自分の意見を書いてくれる生徒が増えてきました。

 はーと6
この写真のワークシートには、生徒が「さみしい」と書いています。読み取れますか?

私は生徒が無断遅刻や欠席をすると、その生徒が教室に入ると「I Miss you 」と言っています。
また、厳しく叱ったあとには「I love you 」とも言っています。
日本語を知りたいという生徒のリクエストに応えて「さいしい」と「あいしている」は教えました。

私のクラスでは、何かあると「さみしい」「あいしている」と言うのが流行っています。

また、テストをするとカンニングをする生徒が後を絶たないため「カンニング」も教えました。
算数の授業に他の科目の宿題をする生徒も多いため「内職」も教えました。

「Don't do ナイショク!」と一日一回は使います。

毎週金曜日には、一週間の復習ミニテストをしているのですが
生徒には「Happy Friday」だから金曜日はテストをするんだよっていう
こじ付けの理由で問答無用でテストをしています。

最近は、「Happy Friday」は日本語で「華の金曜日」だよって教えました。
「華の金曜日」は略して「華金」。
私は金曜日になるたびに、大声で「ハナキン」「ハナキン」と合唱してくれます。

日本語教師の人が聞いたら、気絶しそうな私の日本語講座ですが

ネイティブの私だから伝えられる、活きた日本語、クールでカッコいいネイティブっぽい日本語を楽しんでくれたらと思います。

さあ、明日も頑張るぞ!!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。